スピッツの曲

スピッツの「優しくなりたいな」の感想を語る。「温もり」を軸に、歌詞考察

優しくなりたいなのイメージ

こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「優しくなりたいなは、スピッツの11thアルバム「スーベニア」の収録曲で、スピッツには珍しいピアノメインのバラードです。

この記事では、そんな「優しくなりたいな」の魅力を語り、歌詞の意味も考えます。君と出会って変わり始めた主人公の物語を考えました!

「優しくなりたいな」とは

「優しくなりたいな」は、スピッツが2005年に発売した11thアルバム「スーベニア」の収録曲。前曲の「甘ったれクリーチャー」はトンガリロック曲でしたが、今回の「優しくなりたいな」は、切なさと温かさを併せ持った、美しいバラード曲です!

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1優しくなりたいな優しく、切ない
曲が持つ優し気なイメージ

1. 演奏への印象

「優しくなりたいな」は、殆ど全編ピアノだけの演奏に草野さんの柔かなボーカルが被さる形で進行しています。アコギ一本で弾き語る曲は、過去の楽曲「うめぼし」や、「ジュテーム?」など該当例がありますが、ピアノメインなのは珍しいですね。

ゆったりとしたテンポによる演奏には、世界を闇が包んで物音一つない夜更けに、主人公が穏やかな心で佇む小さな部屋と、そこに柔らかく差し込む月光のようなイメージを重ねています。タイトル通り、包み込むような優しさを感じる演奏ですね。

また、「優しくなりたいな」は、演奏音量が控えめですから、草野さんのボーカルの細部まで聴きとることも出来ます。深みのあるややハスキーな中低音をメインとして、もちろん十八番の輝く高音ボーカルも。まさに、心に染み入るボーカルですね。

曲の美しいピアノのイメージ

2. 個人的な想い

スピッツはロックバンドですから、ピアノを前面に押し出した構成は例外的だと言えるでしょう。ただ同時に、スピッツは探求心に溢れたバンドであり、新しい取り組みに積極的。この「優しくなりたいな」には、その冒険心が表れているのでしょう。

実は私は、美しいピアノ曲に目が無く、例えばQueenの「Nevermore」は、私のお気に入りですし、「優しくなりたいな」も美しく優しい良曲だと感じています。ピアノの調べは、私の心にスッと染み入る清らかな水のようなものですね。

また、「優しくなりたいな」のボーカルには、それまでとは印象の異なるエフェクトがかかってて、声の広がりが感じられます。どこか幻想的な雰囲気もありますね。この雰囲気があるからこそ、私は「優しくなりたいな」に月光を重ねるのでしょう。

曲に感じる月のイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「優しくなりたいな」の歌詞を追いながら、歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「君のようになって」としました。また、そのテーマを補足するために、以下の3つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

君のことを思う彼のイメージ

1. 考察の前提

曲に登場するのは主人公と君ですが、その関係は出会ったばかりの二人とします。そして、そんな君に心奪われた彼は、少しでも君に近づきたいと願っています。歌詞で繰り返されるこの願いは、逆説的に願望とは逆の二人の関係を示唆しています。

また、彼は君への想いを胸に抱いたことで、心の在り方について新たな気づきを得ています。さらに、彼の心には、それまで好みではなかった音楽が流れています。このことから、君に惹かれたことで、彼は変わり始めたと言えるでしょう。

また、かなり具体的な想像で、かつ大勢にも影響しませんが、歌詞の「水」を解釈するため、主人公と君は集合住宅の隣同士に住んでいるとしました。以降では、曲に感じる優しい月光のイメージも踏まえつつ、変わっていく主人公の物語を考えます。

また、彼の性格を捉えるのに「昼」の描写が重要です。ここでの昼とは、世界の昼、つまり一般社会そのものを表していると感じます。そして、昼の世界で浮き上がった彼は、その社会に馴染めずにいたのでしょう。しかし、君と出会って心惹かれたことで、彼は変わり始めました
昼の世界のイメージ

一覧に戻る

2. 君と出会って

彼は、世界に馴染むことが出来ず、これまで心を閉ざして生きてきました。外の世界は明るく、楽しそうな声が聴こえることもあります。しかし彼は、その賑やかで楽し気な雰囲気に、どうにも自分の居場所を見つけることが出来ずにいたのでした。

しかし、その日々は急に終わりを告げました。彼の隣に越してきたとある人物が、彼の心を変えたのです。その人物こそが、彼を強く惹きつける君。これまで外の世界に興味を持つことのなかった彼は今、君のことが気になって仕方がないのでした。

君とはまだ、つい先日に挨拶を交わしただけに過ぎません。ただ、あの時に君が自分に向けていた温かな笑顔は、彼の心の中で頑固に固まってい氷にも確かな光を当てました。彼は今、凍り付いていた自分の心が、変わり始めているのを感じています。

彼の心に浮かんだ感情は、紛れもなく恋心。今の彼の心は、恋が奏でる音楽で一杯で、隣室から水音がする度に、君が何をしているのかを考えてしまうほどでした。これまでの彼に最も縁遠いものが、恋という浮かれた桃色の感情だったのに、彼の心はピンクに染まっているのでした。
彼の心に浮かぶ感情のイメージ

一覧に戻る

3. 優しくなりたいな

君の微笑みに触れ、彼の心の氷は徐々に溶けていきました。昨日より今日、今日より明日。そんなことを繰り返した彼の心は、少しずつ、でも確実に変化してきたのです。そして彼は徐々に、世界に対して心を開く勇気を持ち始めています。

彼は今、もっと世界を信じ、優しい心で世界と向き合うと決意したのです。冷たいばかりと決めつけていた世界にも確かな温もりがあり、それが彼を変えてくれました。そして、彼もまた、世界の神羅万象に温もりを配りたいと感じたのでした。

彼は今、自分を変える難しさを思い知らされる毎日を送っています。でもいつか、彼も君のようになることが出来るはずです。そのためにも、まずは君のことをもっと知ることが第一歩。彼は今日もまた、静かに君への想いを強めるのでした。

私にとっての「優しくなりたいな」は、世界に心を閉ざし、冷えた心で生きてきた主人公が、君との出会いを経て、心を開く勇気を持ち始める成長の物語。君の温もりに救われた彼は、周囲に温もりを運ぶ君のような存在を目指します。そう、彼は「優しくなりたいな」と願うのです。
君と言う優しい光を思うイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

彼にとって、世界は冷たい場所で、敵が多い場所。彼にとっての世界は、攻撃から身を守る場所であり、温もりを分け合う場所ではなかったのです。しかし、君を知った彼は、皮肉を込めて昼と呼んだ世界に、本当の温もりがあると知ったのでした。

熱気バサラのように熱く生きたい!
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。草野マサムネさんのようなボーカルを目指してボイトレに励みつつ、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。日ハム、エンゼルス、ACミランを中心として、幅広くスポーツが好きです!ツイッターは、スポーツ観戦の話が中心です!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!