スピッツの曲

スピッツの「自転車」の感想を語る。歌詞の物語も独自考察

自転車のイメージ
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「自転車は、スピッツの11thアルバム「スーベニア」の収録曲。ゆったりとしたテンポが特徴的な穏やかな楽曲ですね。

この記事では、そんな「自転車」の魅力を語り、歌詞の意味も考えます。タイトルの「自転車」には、どんな意味があるのでしょうか?

スポンサーリンク

「自転車」とは

「自転車」は、スピッツが2005年に発売した11thアルバム「スーベニア」の収録曲です。前曲の「恋のはじまり」は穏やかなラブソングでしたが、「自転車」は、その流れを引き継いだような、まったりした雰囲気を持った楽曲だと感じています。

曲名曲調一般知名度お気に入り度
1自転車まったり&哀愁
自転車と言う曲が持つイメージ

1. 演奏への印象

「自転車」の演奏の中心にあるのは、まったりのんびりと言った感覚。この曲の雰囲気が思わせる「自転車」はスポーティーなものというより、どこにでもあるママチャリといったところでしょう。しかも、のんびりユラユラと進むママチャリでしょう。

そんなまったり感の強い「自転車」ですが、イントロと間奏終了直前のギターには微かな苦難の色を感じます。「自転車」は、「ナンプラー日和」のような底なしの明るさとは明確に一線を画す、微かな哀愁の色も含んだ曲だと感じています。

また、草野さんのボーカルも気になります。曲の一部では、ゆったりしたテンポに似つかわしくないほどの高音域が使用されます。悲しみも感じる曲が、最終的に希望寄りの印象を持つのは、この力強く輝くボーカルの影響も大きいと言えるでしょう。

汎用型自転車のイメージ

2. 個人的な想い

「自転車」は、アルバムの中での脇役という印象。正直な所、この曲を単独で何度も聴こうとは思いませんが、「自転車」のまったり感は、次に控える明るさ弾ける疾走感だらけの「テイタム・オニール」の魅力を強く引き立てるものだと感じています。

また、「自転車」は、メロとサビの明確な区分がないため、知らない間に流れていく曲との印象もあります。そんな自己主張が薄めの「自転車」は、しっかりと聴き入る曲と言うよりは、バックグラウンドで流すと心地よい曲だと感じています。

なお、歌詞の中では具体的な情景描写はありませんが、まったりした雰囲気の中に感じる微かな哀愁から、夕焼けと自転車がセットの情景をイメージしています。夕日が持つ温かさと微かな寂しさに、「自転車」の雰囲気に通ずるものを感じるのです。

自転車のイメージ

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「自転車」の歌詞を追いながら、その歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察のテーマは、「きっと大丈夫」としました。また、そのテーマを補足するために、以下の4つのトピックを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

大丈夫のイメージ

1. 考察の前提

主人公の日々は「冒険」と形容されており、主人公には夢追い人的な要素を感じさせます。彼の日々は前途洋々ではなく、落ち込んだり自己嫌悪に捕らわれることも多いようですが、それでも倒れることなく何とか前に進み続けているようです。

そして、そんな主人公にとって大切な存在が、君です。彼が自己嫌悪に打倒されず、何とか進み続けていくための原動力が君なのです。二人の関係性は明示されていませんが、少なくとも強い絆で結ばれた二人であることは間違いないでしょう。

また私は、彼が君を思い浮かべる歌詞から、二人は離れ離れだと感じていて、彼のとっておきの「感動」とは、君との再会を指していると感じました。以降では、夢を追って挑戦の道を進みながら、君との再会も楽しみにする彼の物語を考えていきます。

タイトルの自転車は、彼という人間の在り方を表すモチーフだと感じます。悪路をものともしない自動車ではなく、急勾配に差し掛かれば足は重くなり、ハンドルはふらつき、速度も鈍る自転車。以降では、そんな自転車のようにふらつきながらも前進する彼の物語を考えていきます。
自転車のイメージ

一覧に戻る

2. 選んだ道

彼は毎日、忙しい日々を送っています。彼は自分の夢を追うため、必死になって動いているのです。ただ自ら望んで飛び込んだこの道は、憧れだけで渡っていけるほど甘くはありません。彼は毎日、自分の至らなさを感じて自己嫌悪に陥っています。

自分の惨めさを想うと、悔し涙すら浮かんできますが、弱音を吐くわけにはいきません。彼は、誰にも気づかれないように急いで涙を拭い、また自分がなすべきことに戻ります。今の彼に必要なのは、ただ自分が選んだ道を進み続けることだけです。

この道に足を踏み入れた以上、もう引き返すことは出来ません。辛かろうが痛かろうが、彼は自分が望んだこの道の上でで身を立てるべく、ただ全力を尽くすしかありません。それは分かっていますが、ただやはり辛いものは辛いのも事実でした。

破れかぶれの彼に追い打ちをかけるかのように、最近は辛いことが立て続けに起こっています。その日々は、彼に悔し涙を流させるに十分です。ただ彼が、その歩みを止めることはありません。足取りは重くとも、彼はいつか日々は好転すると信じて、今日も進み続けるのでした。
彼が進む困難の道のイメージ

一覧に戻る

3. まだ早い

彼がこの道を歩み続けることが出来るのは、それが自分の夢であるということのほかに、君と言う大切な存在が胸の中にいてくれるからでもありました。君を想えば、少しオーバーな反応で自分を心配してくれる君が、ありありと心に浮かぶのでした。

君とは今、離れ離れで暮らしています。君と再会したなら、彼の心にも潤いが戻ってくることでしょう。ただ、彼はまだその感動に頼るのは早い気がしています。自分の成長のためにも、今はこの苦難に単独で立ち向かい、自力で乗り越えていくべきです。

もともと、この道を歩むことが大きな挑戦になることは分かっていたのです。今はまだまだ苦難ばかりの日々ですが、この先には彼が望んだ、夢が花開く日々が待っているはず。そして、その時にこそ、彼は君との感動の再会を果たすべきなのです。

正直に言って、今の日々は辛い日々です。しかし、彼が望んでいた日々でもあるのです。この日々を越えた先に、きっと自分が望んでいた未来が待っている。困難なき道に、幸せなど存在しないのです。騙し騙しでも、明るい未来に近づいていると信じて、ただこの道を進むだけです。
彼の苦難の日々のイメージ

一覧に戻る

4. 自転車

彼の日々は相変わらず苦難続きで落ち込むことも多いですが、彼は時々君のことを思い出しながら進んでいきます。君と再会を果たすにはまだ早いですが、微かにでも君に触れるため、君ゆかりの街まで独り自転車を漕ぐのも悪くないでしょう。

彼が歩むこの道はこれから先、ますます険しくなるでしょう。道の起伏や路上の障害物も多くなるはずです。彼には、その障害に正面から衝突して粉砕するような強さはありません。ただ、その障害をのらりくらりとかわして進むことは出来るはずです。

彼に悪路や障害をねじ伏せることは出来ませんが、自転車に乗って障害多き道をすり抜けることは出来ます。これからも様々な困難が彼を襲うでしょうが、身を粉にして頑張ればきっと未来は開けるはず。彼はそう信じて、今日もヨロヨロと進んでいきます。

私にとっての「自転車」は、夢追い人への応援歌。普段のスピッツ応援歌には、自分らしさを貫くことへの強い決意が溢れていますが、この「自転車」には、その旅が持つ不安定で辛い面にもスポットが当たっていると感じます。ただ、最終的に残る印象は、前向きな感情ですね!
自転車のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

彼の挑戦の日々はどうにも苦難続きですが、彼は正しい道を進んでいると考えているでしょう。ただ、その姿勢には無理やり気味の「強がり」「思い込み」も感じます。彼は、苦難は幸せに繋がる経験だと自分に言い聞かせ、進んでいるのでしょうね!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!