スピッツの曲

スピッツの「不思議」の感想を語る。「今」を軸に、歌詞の意味も考察

「不思議」の歌詞にある雨上がりの世界
こんな記事

「素晴らしい音楽なくして、素晴らしい人生なし」。この記事は、そんな私の人生を彩ってくれる楽曲たちを紹介していくコーナーです。

今回の「不思議」は、スピッツの12thアルバム「さざなみCD」の収録曲。ウキウキと優しい気持ちを同時に運ぶ、大好きな一曲です。

この記事では、そんな「不思議」の魅力を語りつつ、歌詞の意味も考察します。今回は、恋の力で人生を変える青年の物語を考えました!

スポンサーリンク

「不思議」とは

「不思議」は、スピッツが2007年に発売した12thアルバム「さざなみCD」の収録曲。前曲の「ルキンフォー」は心にしみる人生応援歌でしたが、「不思議」は、はち切れんばかりの恋の喜びが詰まった、明るく温かなラブソングですね!

曲名コメント一般知名度お気に入り度
1不思議ウキウキと嬉し涙
「不思議」という曲に広がる爽やかな世界のイメージ

 

「不思議」の印象

個人的に「不思議」は、明るいラブソングとして最高峰に位置するだと感じています。ウキウキ感を前面に出しながら、限りない温かさをも放つ曲には、スピッツの神髄を感じるのです。以降では、そんな「不思議」の魅力を以下の3点から語ります!

1. 演奏について

「不思議」の演奏には、ウキウキ感を強く感じています。そんな「不思議」は、ディスコ調の曲だとされていますが、その雰囲気にナイトフィーバー的な要素は感じていません。むしろ、爽やかな青空の下で手を繋いで踊るような感覚があります。

そんな「不思議」の最大の持ち味は、やはりサビに溢れる幸せ感でしょう。そして、抑揚ある曲構成が、その魅力を最大限に引き立てています。おとなし目のメロで溜まったエネルギーがサビで溢れ出すさまには、制御しきれない恋の喜びを感じます。

イントロの演奏も、キャッチーでお気に入り。「不思議」の歌詞が歌うような、恋がくれる幸せな感覚を思わせるものです。また、恋に落ちたフワフワ感を思わせるようなキーボードの音も印象的。全体として、思わず幸せの笑みが零れる一曲ですね!

「不思議」は、「陽なたのアオシグレ」というアニメ映画の挿入歌として使用されています。柔らかなタッチで描かれた恋の物語と、「不思議」が持つ温かな幸せの雰囲気は、まさにベストマッチ。短いティザー動画にすら、嬉し涙がこみ上げるような美しい世界が広がっています!
「不思議」の演奏に広がる青空の世界のイメージ

一覧に戻る

2. ボーカルについて

「不思議」のボーカルも、大のお気に入り。優しく美しい歌詞にピッタリの深みのある声は、初めて聴いた瞬間に私を魅了したのです。低音から高音まで、これぞスピッツという深みあるボーカルは、一人の歌好きとして私の憧れのスタイルでもあります。

歌ってみると明らかですが、この「不思議」で使用する音域はかなり高めです。一般男性では叫びあげるしかないような高音域が続きますが、草野さんは余裕綽々です。細く高い声ではなく、深みを持った声で歌うのも言うまでもありません。

ボーカルがこれだけの深みを持っているからこそ、「不思議」もウキウキ一辺倒にならず、その裏に確かな優しさや温かさを感じるのでしょう。恋の力で、冷たい悲しみの涙を温かな嬉し涙に変え、君を追って駆け出した主人公の姿が浮かんできますね!

煌びやかな雰囲気を作るサビのコーラスも、「不思議」が持つ魅力の一つ。良い意味で力感のない、全てを包み込むような広がりを持つサビには、恋の喜びに包まれた浮遊感を感じています。聴いているとウキウキと幸せの温もりがじんわりと広がるような、素晴らしいサビですね!
曲が持つ温かく優しいイメージ

一覧に戻る

3. 歌詞について

「不思議」の歌詞は、優しい言葉浮ついた言葉を混ぜ合わせ、恋の幸せな感覚を表現している所が素晴らしいですね。草野さんの歌詞と言えば詩的な印象も強いですが、何でもない平易な言葉を紡いで、優しい世界を作るのも草野さんの十八番ですね。

「不思議」の歌詞は、そこで描かれる世界の情景や匂いがリアルに伝わってくるのが素晴らしい。特にAメロ冒頭の歌詞が、大のお気に入りです。雨上がりの匂いと、雲間から覗いた太陽に照らされ輝く濡れた緑。そして、その緑を見て美しいと思う二人。

まさに、曲中の二人の微笑ましい絆を想起させる、見事な間接的表現だと感じます。また、歌詞が持つ雰囲気には、後年の作品である大好物」に連なるものを感じます。スピッツが持つ最大の魅力の一つがその歌詞だと如実に示す、素敵な歌詞です!

「不思議」は恋のウキウキを歌った曲でしょうが、サビの歌詞には人生応援歌の要素も感じています。私達の人生は、山あり谷あり。理想通りにいかない後悔もあれど、それは脇に置き前向きに生きていこう。後年の「君は太陽」にも感じる、今このときを抱きしめる歌詞だと感じます!
光輝いた雨上がりの緑のイメージ

一覧に戻る

 

歌詞の世界を考える

ここからは、「不思議」の歌詞を追いながら、その歌詞の意味する世界を考えていきます。今回の考察テーマは、「今を抱きしめて」としました。なお、そんなテーマを補足するためのトピックとして、以下の4つを準備してみました!

曲解釈は私の想像であり、他人に押し付ける物ではありません。ただ、出来る限り想像の根拠が提示できるように、歌詞とリンクさせながら進めていきます。私の想像を楽しんでいただけると、嬉しく思います!

今に存在する、今を大切にするイメージ

 

1. 考察の前提

「不思議」は、恋の喜びを歌った楽曲ですが、恋のウキウキ感だけを歌った曲ではありません。歌詞では、臆病な様子の主人公の過去も描かれているのです。「不思議」は、恋に落ちた主人公が臆病な人生を変えていく物語、と言ったところでしょう。

彼の苦難の日々は、2番のメロに表されていますね。君と出会う前の彼は、他人に対して心を開かず、自分の殻に閉じこもって生きていたのでしょう。しかし、君と出会ったことによって、彼の殻にもヒビが入って壊れ、彼は光に包まれていくわけです。

また、彼の恋は片思いだと感じています。二人が恋人なら、その絆を歌う際に「恋」よりも「愛」の方がしっくりきますし、彼が君を追いかける描写もあります。以降では、大切な君の心を手に入れるため、臆病の殻を破っていく青年の物語を考えます。

また、サビでの君が「群れていない鳥」と表現されているのも気になります。私はここに、スピッツによくある「自分らしさの追求」とのメッセージを感じています。つまり、曲の主人公が君と言う鳥を追うように、私達もそれぞれの大切な鳥を追うべきだ、とのメッセージですね。
彼の世界に温かな恋の光が差し込んだイメージ

一覧に戻る

2. 君と出会って

ああ君は、なんて素敵なのでしょう!今の彼は、君に首ったけ。彼は、君のことなら何でも分かるという自負もあります。そう彼は、君と目が合うだけで、君の考えを読むことが出来るくらいです。言葉がなくとも、彼には君の気持ちが分かるのでした。

今の彼の世界は、眩しい光で照らされています。しかし、よくよく考えると、この世界の変わりようは信じられないほどでした。少し前まで、彼は暗闇の世界にいたのです。傷つくことを恐れた彼は、心を閉ざして自分の殻に籠っていたのですから。

そんな日々を変えたのは、君との出会い。それまで必死で殻の中に閉じこもってきたのに、彼は君に誘われるがままに、光の世界に足を踏み入れたのでした。君が浮かべたあの笑顔は、今思い出しても反則級。心の殻も、自然と開いてしまったのです。

これまで、恋と無縁の生活を送ってきた彼。傷つくことを恐れた彼にとって、本心を晒す恋などは、最も避けるべきものの一つだったからです。しかし今、恋の嵐に巻きこまれた彼の心は、制御不能な高揚感で一杯です。彼にとって恋は、抗うことのできない魔法のようなものでした!
心の殻が開いたイメージ

一覧に戻る

3. かつての日々

子どもの頃の彼は、未来への憧れを持っていました。彼は、自分を待っている光り輝く未来と、その中心で笑う自分の姿を信じて疑わなかったのです。それは、彼の傲慢さと言うより、汚れを知らぬ子供の罪なき純真が生んだ未来予想図でした。

しかし、実際に彼を待っていたのは、その憧れと全く異なる現実でした。世界は、彼のことなど歯牙にもかけず、順調に回るものだったのです。そんな冷たい日々で過ごすうち、彼は未来への憧れを捨て、心を固く閉ざすようになっていたのでした。

強い希望を持って描いていた未来は、ただの幻想だった。叶わぬ未来を突き付けられた彼は深く傷つき、彼の世界も失望の涙で濡れました。期待すれば傷つくと悟った彼は、これ以上失望しないよう、いつしか心の殻に籠る癖がついたのでした。

理想の中では、世界の中心で輝いていた自分。ただ現実の彼は、世界の片隅で息を潜める、その存在を無視された存在でした。あのとき、ああしておけば。彼は、自分が踏み外した未来への階段を想っては、後悔と涙にくれる日々を送ってきました。しかし、君と出会った今は・・・。
後悔の日々が希望の日々に変わるイメージ

一覧に戻る

4. 不思議

彼はもう、思い悩むのは止めました。彼の世界に吹き始めた恋の風も彼の頬を撫で、彼の注意を逸らしてくれます。傷跡が消えたわけではありません。ただ彼は、憧れや過去に捕らわれるのではなく、平凡でも今このときを大切にすることにしたのです。

彼は、世界の中心で輝くことが全てではないと知りました。君もまた、世界で浮いた存在ですが、君には気にする素振りもないのですから。そして、今の彼の憧れも、世界の中心で輝くことではなく、君と力を合わせて生きることになりました。

片思いの恋を実らせるべく、子供っぽい駆け引きも交えながら、彼は君という小鳥を追いかけていきます。今の彼には君が全てで、彼の世界は雨上がり。顔を出した太陽の光で、涙で濡れた路面もじきに乾くでしょう。ああ、恋の魔法は不思議だ!

私にとっての「不思議」は、自分の殻に閉じこもって生きていた主人公が、思いがけず出会った君への恋に落ち、その人生を明るいものに変えていく物語。彼にとって、恋とはまさに魔法のようなもの。卑屈気味だった彼を大きく変えてしまう、抗いようのない不思議な力だったのです!
彼が走り出した雨上がりの世界のイメージ

一覧に戻る

 

さいごに

彼にとって、恋は魔法。彼自身を変えてしまう、制御不能の魔法です。恋の魔法に操られた彼は、柄でもないのに、君を「ベイベー」などと呼んでしまうほど。彼は、過去への想いではなく今の恋心を抱きしめて、雨上がりの世界を駆けていきます!

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!