スピッツのアルバム

【アルバム感想】スピッツの「インディゴ地平線」を全曲レビュー!

インディゴ地平線のイメージ

こんな記事

「インディゴ地平線」は、スピッツが1996年に発売した第7作目のアルバム。大ヒットした前作「ハチミツ」に続く、名作アルバムです。

このアルバムから、歌詞のスタイルが微妙に変化し、それまでの幻想的な歌詞から、現実に寄せた歌詞が増えています。ただもちろん、その美しい輝きは変わることなく、スピッツらしさは健在です。

このページは、そんな「インディゴ地平線」の個別レビューをまとめたページです。特におススメする曲も、何曲か紹介していきます!

収録曲一覧

前作の「ハチミツ」がウキウキ感に溢れていたとすれば、本作の「インディゴ地平線」は、穏やかな深みを放っていると言えるかもしれません。ただ、曲単体としては、様々な顔を持った曲が集まっている、色とりどりのアルバムですね。

曲名属性おススメ度
1花泥棒勢いあるパンク
2初恋クレイジーポップなラブソング
3インディゴ地平線深くて静かで
4至極の傑作
5ハヤテキュートで穏やか
6ナナへの気持ちポップなラブソング
7虹を越えて大人っぽい、やや暗
8バニーガールスピッツロック
9ほうき星変わり種
10マフラーマン重低音ロック
11夕日が笑う、君も笑う優しく、美しく、ポップ
12チェリースピッツの代名詞
上表の曲タイトルをクリックすると、個別レビュー記事へジャンプします。草野さんが自画自賛した傑作「渚」、スピッツの爽やかなロックを満喫できる「バニーガール」、優しすぎる「夕日が笑う、君も笑う」、スピッツの代名詞「チェリー」。脇を固める曲も、良曲だらけです

さいごに

「インディゴ地平線」は、スピッツを代表する傑作を含んだ名盤だと言えるでしょう。個人的に一曲だけを選ぶなら、「夕日が笑う、君も笑う」。スピッツの傑作曲にも見劣りしないのに、知名度が随分と低い気がします。ぜひ、聴いてみて欲しいです!

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!