スピッツのアルバム

【アルバム感想】スピッツの「Crispy!」を全曲レビュー!

スピッツのクリスピーのイメージ
こんな記事

スピッツの4thアルバムである「Crispy!」は、スピッツが1993年に発売した、ポップで聴きやすいオリジナルアルバムです。

1991年にデビューしてから、後年には名作と評価される作品を作りながらも、商業的成功には至らなかったスピッツ。本作は、そんなスピッツが「売れること」に注力したアルバムになっています。

この記事は、そんなスピッツの「Crispy!」の個別レビューをまとめた記事です。特におススメする曲も、何曲かお伝えします!

スポンサーリンク

収録曲一覧

独自の世界観を築きながらも、ヒットを飛ばすことは出来なかったスピッツ。そんな彼らが、売れることを目指したのが、この「Crispy!」です。そのため、草野さん・ワールドは少し抑えめで、ポップで分かりやすい曲が中心です!

曲名属性おススメ度
1クリスピーポップソング
2夏が終わるお洒落な夕暮れ
3裸のままでポップソング
4君が思い出になる前にしっとりバラード
5ドルフィン・ラヴポップソング
6夢じゃないしっとりバラード
7君だけをしっとりバラード
8タイムトラベラー幻想ポップ
9多摩川静謐なバラード
10黒い翼壮大バラード
上表の曲名をクリックすると、個別レビュー記事へジャンプします。タイトル曲のウキウキソング「クリスピー」、お洒落な雰囲気漂う「夏が終わる」、どこか懐かしく優しい「夢じゃない」、草野さんワールドを楽しめる「タイムトラベラー」など、良曲が目白押しです! 

さいごに

このアルバムも、リリースした当時は、期待したほどの成功を収めることは出来ませんでした。その時の草野さんの落ち込みようは、かなり深刻な物があったとされています。しかし、スピッツの商業的大成功は、もうすぐそこまで迫っていたのです。

スポンサーリンク

エンゼルス大好き
すけまろ
myself
スピッツが大好きで10年来のファン。このブログは、そんな私によるスピッツのファンブログです。カラオケ大好き、スピッツの楽曲フルレビューにも挑戦中。歌手オーディションに3回合格。漫画、アニメ、読書も好き。スポーツ観戦がライフワーク。最近はエンゼルスに夢中で、ツイッターでは応援ツイートを垂れ流しています(笑)。貴方も、「LTBU」しませんか?
\ Follow me /
error: Content is protected !!